毛穴 詰まり

小鼻の黒ずみの原因

小鼻の黒ずみはメイクで一時的に隠せても、根本的な解決にはなりません。解決にはまず原因を知ることが大切です。

ここでは、黒ずみの原因についてご紹介します。

まず挙げられるのが、強い紫外線の影響によるメラニン生成があります。毛穴に蓄積されたメラニンが汚れてもいないのに、毛穴を黒く見せる状態です。

小鼻まわりが黒く見える原因には皮膚の酸化などもありますが、毛穴にたまる角柱も原因として挙げることができます。多くの方が皮脂を主成分と思われてますが、実際には古い角質(タンパク質)が主となります。

その為、ホットタオルなどを用いた溶かし出す方法は効果的ではありません。肌を傷つけず角柱を除くには、タンパク質系の汚れに効果のある酵素洗顔料などを使用することが適切です。

小鼻の角柱の正体は?

小鼻のぶつぶつとした黒ずみの原因となる角柱の正体として、まず挙げられるのが皮脂です。

皮脂は皮膚を保湿して本来の肌バリアを維持するために必要なものですが、この脂が過剰に分泌されてしまうと毛穴に詰まって酸化し、黒い汚れのようになってしまうことがあります。

また脂以外では古い角質も原因になっていることが多く、これは皮膚のターンオーバーのリズムが崩れてしまったことによって、本来は体外へ排出されていなくてはならない古い皮膚が毛穴に詰まってしまったケースです。

こういった原因をスキンケア用品で解決するというのは、基本的に対症療法にしかなりません。根本的な治療は肌に負担をかけないスキンケアを行い、それと並行して生活習慣の改善を行う必要があるでしょう。

小鼻の黒ずみを悪化させる間違った対処法

小鼻の黒ずみが目立ち始めると、毛穴パックを使用する方がとても多いです。

毛穴パックは角柱を無理やり引き抜くような形になってしまうため、余計に毛穴が広がる原因にもなりますし、毛穴の形状も変わってしまう恐れがありますので、なるべく使用しないほうがいいです。

また、メイク落としのクレンジング剤も、黒ずみを悪化させる原因になってしまう可能性が高いです。

確かに黒ずみは角柱が酸化することで出来てしまうものですが、無理やり押し出すようなことをしても改善できませんし、余計にひどくなってしまうケースが多いので、ピーリング効果の高い石鹸やジェルなどを使用し、ケアするようにしてみてください。

ピーリングは古い角質を落とす効果もあり、一石二鳥です。

小鼻の黒ずみを取る方法

小鼻の毛穴に詰まった角栓や黒ずみを取る方法には、鼻パックやピーリング、指で押し出すなどがありますが、正しいスキンケアをしなければ逆に悪化することもあるので注意が必要です。

黒ずみになる原因としてターンオーバーという肌の生まれ変わりの周期が乱れ、皮脂や汚れが溜まってしまうというものがあります。

ターンオーバーの周期を正常化するには、規則正しい生活や十分な睡眠時間、バランスの取れた食事内容なども重要です。

また溜まりすぎてカチカチになってしまった角栓を洗顔後にオイルなどで柔らかくすることも取りやすくなる秘訣です。

さらに黒ずみが気になるからといってむやみやたらに鼻を触らないようにしましょう。

刺激で皮脂が酸化しますます黒ずみになってしまいます。黒ずみを取るにはメイクをしっかり落とし洗顔後に毛穴ケアをしたら、アフターケアの保湿を忘れないようにしましょう。

綿棒とオリーブオイルを使って黒ずみを除去する方法

美肌の基本は毛穴レスです。

鼻の黒ずみは、美肌の敵なので、早く解消したいと思っている女性は少なくありません。

ピーリング効果のある洗顔料を使って洗顔をしたり、スチーマーを使ったり、様々な方法で黒ずみを解消しようと多くの女性が頑張っています。

そんな中、あまりに簡単で効果抜群の黒ずみ除去方法が登場し、話題になっています。その方法とは、綿棒とオリーブオイルを使って行います。

皮脂汚れを効率良く取り除くためには、人間の皮脂に近いオイルを使うことが重要です。

人間の皮脂に近いオリーブオイルを使うと、皮脂などの汚れにオイルがなじみ、無理なくきれいに取り除くことができるのです。

植物オイルは、自然の恵みがたっぷりでビタミンEも豊富です。 さらに、添加物も入っていないため肌にも優しく、多くの女性が綿棒とオイルを使った黒ずみ除去を実践しています。

ニベアとオロナインは鼻の黒ずみに有効?

鼻の黒ずみ対策として、ニベアクリームやオロナインパックという方法が知られています。

ピーリングや毛穴パックよりも肌への負担が少なく、美肌にも効果があると言われています。

やり方としては、ニベアクリームの場合だと、鼻に塗った後ラップをして空気を遮断します。その後洗顔をし、化粧水等で毛穴を引き締めます。オロナインパックはもっと簡単な方法で、鼻に塗った後15分程度放置して洗顔を行います。

その後、冷水や氷を使って毛穴ケアするのを忘れないようにしましょう。オイルが汚れを浮き立たせ、洗顔によって黒ずみを取り除く方法ですから、有効な方法の一つと言えそうです。

きちんと洗い流せば肌へのダメージが少ないため、クレンジング等より優しい方法と言えます。

いちご鼻ってなに?

いちご鼻とは、毛穴に皮脂や古い角質がつまり、角柱となってしまった状態から引き起こされます。

そのうえで、さらに詰まった毛穴が酸化していき、黒いぶつぶつになってしまって、鼻の頭が凸凹になってしまったような状態のことを言います。

特に、女性の場合にはメイクの油分などが詰まっても同じような症状が引き起こされてしまいます。

肌が乾燥していると皮脂が余分に出てしまうので、そのような状態になりやすく、また、メイクをしたまま寝るなどといったことも原因の一つとして挙げられます。

汚れをため込むことでそのようなことになってしまうので、洗顔する際などに中途半端なまま残してしまうと、症状が悪化してしまうこともあるようです。

いちご鼻の治し方

皮脂の過剰分泌や洗顔不足により、様々な汚れが皮脂に混ざることで毛穴を詰まらせる角柱が作られてしまいます。

角柱ケアを行うためには、インナードライの改善が重要です。インナードライは肌の奥が乾燥している状態で、肌を乾燥から守ろうと皮脂を過剰分泌させることで、乾燥肌に見えないのが特徴です。

しっかり保湿を高める正しいスキンケアを行い、肌に潤いを与えましょう。

他にも、肌のターンオーバーが乱れている場合、正常化させないと古い角質が正しく排出されずに残り続け、毛穴の黒ずみの原因となります。

紫外線の影響でメラニン色素が生まれ、色素沈着を起こして黒ずみに見える場合もあるので、鼻や鼻の周りも日焼け止めを塗りメラニン対策を行うことでいちご鼻予防となります。

いちご鼻がなかなか治らない原因

毛穴が広がって角栓がたまって、酸化した皮脂が角柱となってポツポツとイチゴの表面のような状態になるのがいちご鼻の特徴です。

いちご鼻を治そうと必要以上に洗顔して皮脂をとりすぎる事で肌が乾燥してかえって肌のターンオーバーのサイクルが乱れてしまうことも肌に角質を溜め込んでしまう原因になります。

そして洗いすぎて乾燥した肌は皮脂の分泌も過剰になり、28日周期の自然な肌のターンオーバーにさらに時間がかかると、新しいへと生まれ変わるサイクルが乱れることになり、簡単に正常化させることが難しくなります。

肌の生まれ変わり周期を正常化させる事が出来ず、けっきょくいちご鼻が中々治りにくい状態を作り出すことになってしまうというものです。

男の毛穴の黒ずみの原因と対策

毛穴の黒ずみは主に皮脂などの汚れが詰まっていことが原因ですが、毛穴が開くことで陰になっている場合や、産毛が生えて黒く見える場合もあります。

何をやっても取り除けない汚れの場合、肌のターンオーバーが乱れたことで過剰なメラニン色素の生成が重なり、肌に蓄積されて色素沈着を起こしてしまっている可能性もあります。

そのため、原因に合った対処を行うのが重要です。男性ホルモンは皮脂を分泌させる働きがあり、当然ながら女性よりも男性の方が男性ホルモンの分泌量が多い傾向にあります。

皮脂分泌が過剰になると、毛穴が皮脂を排出しきれずに皮脂詰まりを起こしてしまい、それに汚れや老廃物などが混ざり酸化し、黒ずみとなってしまいます。

鼻の黒ずみに効く正しいクレンジングの選び方

鼻の黒ずみを取り除いて綺麗にするためには、角柱ケアできるような洗顔が何よりも大切です。

とはいえ、角柱は皮脂などが酸化して固まってしまったものですから、きめ細かい泡で優しくマッサージするように洗うことがポイントになってきます。

クレンジングオイルなどはきめ細かい泡を作り出すことが不可能なので、できるだけ自分の肌に合うタイプの石鹸か洗顔料を使用してみてください。

特に乾燥しやすい方の場合は、保湿力の高い石鹸か洗顔料がおすすめです。角柱がなかなか落とせない時は、洗顔の前に蒸しタオルなどをあてて、毛穴を柔らかくしておくと洗い落としやすくなりますので、是非試していただきたいです。

このような洗顔を毎日行っていくと、黒ずみも改善できます。

鼻の黒ずみに効く正しいクレンジング方法

鼻の黒ずみが気になる人にとって気をつけたいことは、クレンジングを控えめにすべきということがあります。

実は鼻の黒ずみの原因として洗顔時間が長すぎるという場合がとても多いのです。しっかり洗わなければと思ってしまい、ついつい時間をかけてしまいがちですが、逆効果となってしまいます。

これは、過剰に力強く、または長く洗顔をすることによってお肌の毛穴の部分が痛んでしまい、硬くなってしまうのが原因と考えられます。過度の洗顔によって硬くなった毛穴が汚れを捕まえてしまい、黒ずみの原因となります。

黒ずみを改善しようとして洗顔をすればするほど黒ずみが悪化してしまうという悪循環になってしまわないように、洗顔をする時間は長くても2分以内を目安としましょう。

そして、洗顔前には先に手を洗うことが大切です。また、洗顔中に毛穴が柔らかく開いてくれるように、人肌程度の温かさのお湯で優しく洗顔をしましょう。

クレンジング後の鼻の黒ずみ対策

洗顔後、毛穴を引き締めるために冷水を浴びるひともいますが、これは一時的に毛穴が締まるだけなので効果は持続しません。

また極度の温度差は肌への刺激ともなるので敏感肌であれば冷水パッティングはしないようにしましょう。女性の多くが悩んでいる毛穴の黒ずみは皮脂が酸化することでおこります。

その為、ポイントとなるのは過剰な皮脂をおさえるスキンケアです。油性肌のタイプはしっかりとした泡洗顔でお肌の汚れを落とすケアが大事です。

乾燥しすぎて皮脂が出るタイプのかたは洗顔後、すぐに化粧水をつけて水分補給をおこないましょう。このときコットンや手などでつける際は、肌に押し付ける圧力をかけたりパッティングしないように心がけましょう。

鼻の黒ずみを予防する食生活とは

鼻は顔の真ん中にあるため、そこに黒ずみが生じるとよく目立ちます。そんな厄介な鼻の黒ずみが生じてしまわないようにするためには、食生活を工夫するという方法が効果的です。

そのやり方としてまず最初に挙げられるのは、食べ物をよく噛むということです。

黒ずみができる原因として大きいものに活性酸素があり、食べ物を急激に体内に入れてしまうとそれが増えるというデータがあるので、できれば最低30回は噛んで食べると良いでしょう。

野菜や果物などの、抗酸化作用がある食品を食事に積極的に取り入れるのも良い方法です。

また活性酸素を増やさないためには、脂肪分や食品添加物が多い傾向がある外食は極力避けること、また家でも脂っこい食べ物をあまり作らないようにすること、そしてアルコールを控えることが効果的です。

毛穴詰まりを防ぐ生活習慣

毛穴詰まりが嫌で鼻パックで角栓を無理に引き出してませんか?

鼻パックは、その時はスッキリしますが結局すぐに元どおりの皮脂詰まりになりますね。手入れも良いですが、やはり生活習慣から見直してみましょう。

よく遅くまで飲み会に参加して飲酒・タバコをしてませんか?そういう機会を無くすのはストレスだと思うので量を減らすなどで、なるべく控えることが必要です。

適度な運動をする事もストレスフリーに有効です。運動が無理なら、せめて湯船に浸かって汗をかきましょう。その時にオイルマッサージをして毛穴の不要なものが出やすくすれば改善になります。

そして睡眠をしっかりとりましょう。睡眠後の3~4時間が肌の修復時間なので熟睡する事が大切です。

↑ PAGE TOP